お金と電卓

経理代行で業務の効率化を図りましょう

電卓を持つ女性

会社の経営で、お金の流れをはっきりさせておくことは欠かせないことの一つです。誰もが納得する財務諸表を作るためのベースとして、会社の経営計画を立てるため、正確な処理が求められます。
しかし、中小企業では専属の経理事務員さんを雇って細かな作業をしてもらうのは難しいというお声がよくあります。税理士事務所に記帳代行をお願いすると、顧問料が場合によっては月数十万円になったりすることもあるようです。
諸事情から社長様自ら経理処理をやられている方も多いのではないでしょうか。それにどれくらいの時間がかかっていますか?
また、近年ではデジタル化が進み、経理ソフトを利用した処理を取り入れるところが増えています。とはいえ、任せる人もいない。そこで、経理代行の導入をご検討してみるのはどうでしょうか。経理代行でも、ある程度は証票類を自分でまとめたりすることは必要かと思われるかもしれません。領収書の整理がその内の一つです。経理代行なら、領収書も渡すだけできちんと整理してくれるのです。税務調査があっても、日付ごとに並んだ領収書があれば安心です。記帳代行はパソコンが苦手だという方にも喜んでもらっています。経理代行を利用して、業務の効率化を図ってみてはどうでしょうか。

煩雑で時間を取られる経理業務には経理代行を利用しよう

事業内容がどのようなものであっても、避けられない仕事の一つが経理業務です。最近は、様々な仕事をアウトソーシングを利用して処理することが出来ますが、実は経理業務についても、経理代行という形で外注することが可能です。経理業務の負担の大きさが社内で問題になっているなら、経理代行サービスを導入して、業務負担の軽減を図ってみてはいかがでしょうか。
経理代行と一口にいっても、そのサポート範囲は案外広く、利用者は自社のニーズが最も高い業務に絞ってサービスを利用できます。人気のサービスは記帳代行で、これは、種々雑多な経理業務の中でも、特にボリュームが大きく扱いが複雑で、簿記等の専門知識が必要な業務だからでしょう。大企業であれば、経理専門の担当者を雇用する余裕もあるでしょうし、専門知識があるスタッフに記帳を任せることができれば会社としても安心です。しかし、中規模ないし小規模の会社では、そこまで人件費に会社資金を投資する余裕がないことは珍しくありません。そのため、事務系スタッフ、経営者自身などが、記帳を担当しているケースもよく見られます。記帳代行を利用すれば、人を雇うほどの費用を負担することなしに、必要な専門知識とスキルを備えた人材を活用できます。是非、利用してみるといいでしょう。

社内対応が困難な経理関連業務も経理代行の利用でスマートに処理

社員の数と各々のスキルに対して、会社の業務内容と量がパーフェクトにマッチしているケースはまれです。大抵の場合、仕事の量に対して人が多かったり少なかったり、求められる仕事の内容に合うスキルを持った人材が足りなく、やむをえず誰かが本業に加えて兼任しているケースは非常に多いです。経理業務もまさにそうした業務の典型と言えますが、予想以上に業務量が多くて兼任者が困っている場合も多いでしょう。
そんな時、利用を検討したいのが経理代行です。経理代行という名称が示す通り、経理業務全般を代行してくれる外注サービスですが、これを導入することで、会社としては、経理専門スタッフを雇用する人件費を負担しなくて済むメリットがあります。中でも、簿記や会計の知識、仕分けに関する応用力などが要求される難易度が高い記帳に関しては、記帳代行を利用することで、適切な外部の人材に業務を担当してもらうことが出来ます。記帳代行は、経理代行を導入している会社の中でもニーズが高いサービスの一つですが、やはり納税額算出の基礎となる帳簿づくり業務ですので、正確に業務処理したい会社が多いのでしょう。利用してみたいと思ったら、是非、業者に詳細について相談しましょう。


面倒で日々の業務時間をとられてしまう経理業務にお困りではありませんか。そんなお悩みを解決する経理代行をお考えなら【ライト・コミュニケーションズ】に相談してみましょう!毎月の経理記帳はもちろん、会社経営にまつわるあらゆる業務をサポートしてくれますよ!

経理代行は早めに導入するのがおすすめ

会社を立ち上げて事業が順調に発展するにつれて、会社資金の出入りもどんどん活発になっていきます。その際、そうしたお金の動きをきちんとタイムリーに記録しておくことは、その年度の所得額計算を正確に行うために必要不可欠です。ところが、経理担当者がいない場合、忙し…

MORE


TOP

Copyright © 2019 経理代行は業務改善の第一歩!複雑な作業を正確に行ってくれます! All Rights Reserved.